検索

天気・天候と腰痛

皆さんおはようございますおはようございます。夫婦橋鍼灸院の小嶋です。


台風や雨の日、または梅雨時などに体調が悪くなる方が多くいらっしゃいます。


頭痛や関節痛など症状は様々ですが、腰痛が悪化するという方もいます。


このような天候の変化に伴う体調の悪化は“気象病”と呼ばれます。


天候が変化することで気温や気圧、湿度などが変動します。


それらにより循環状態や分泌物、自律神経などに混乱が生じ、痛みなどの体調不良が出現すると言われています。


お天気はこちらではどうすることも出来ませんので、気候などの影響を受けにくい体の状態を保っておくことが重要になってきます。


適度な運動を心がけ体内循環を良くし、しっかりとした食事や睡眠で体調を整えましょう。


また、冷暖房器具の使用も最小限にとどめ、自身の体を外部環境に合わせることも大切です。


とは言え、我慢や無理をし過ぎて逆に体調を崩してしまわないようにお気をつけ下さい。



44回の閲覧