検索

腰痛にベッドや枕は関係ありますか?

皆さんこんにちは。夫婦橋鍼灸院の小嶋です。


患者様からベッドマットの硬さや枕について質問を受けることがあります。


ベッドマットの硬さについては様々な研究がされており諸説あります。


また、姿勢や体重、関節の状態など人それぞれ違いがあるので、この硬さが良いです!といった事は一概には言えません。


しかし、目安としては背中からお尻にかけ均等に圧力がかかっていることが重要です。どこか一部が圧迫されている感覚がないものが良いでしょう。


仰向けの状態で腰の下に手が入らない程度の硬さと言うのも、一つの目安になります。


加えて、枕の高さも重要なポイントになります。


枕が高すぎると、首から腰にかけての筋肉が引っ張られて腰痛の原因になります。


逆に低すぎると、寝返りで横向きになった際に首が左右へ落ちた状態になり、背骨が歪みこれも腰痛の原因になります。


朝起きたときに首や腰が痛かったり、肩がこっているなどの症状があるときは枕が合っていない可能性があります。


ベッドマット同様に枕に関しても、最適な硬さや高さは人により様々です。


枕選びの目安としては、仰向けに寝た際に首が丸まり過ぎたり反りすぎたりしていない高さが良いでしょう。


調度、真っすぐに立った状態からそのままの姿勢で寝るイメージです。


また、硬さに関しては後頭部を圧迫される感じが少ないものが良いと思われます。


巷には様々な枕が売られています。色々なものを試しに買ってみたけど結局使わないで物置の中という方も多いのではないでしょうか。


新しいものを購入する前に、バスタオルを折りたたんで高さや形を調節した状態で実際に寝てみて、自分に合った感じの物を見つけてから購入することをお勧めします。



58回の閲覧