検索

腰痛の方が楽に寝る方法

皆さんこんばんは。夫婦橋鍼灸院の小嶋です。


腰痛の方で、仰向けで寝ると腰が痛いとおっしゃられる方が多くいらっしゃいます。


本来、寝ていれば体重を支えなくて良いので、腰への負担は少なくなるはずですが、実際は寝ている状態でも腰に負担がかかることがあります。


仰向けで脚を伸ばした状態では、骨盤から脚にかけてついている筋肉に骨盤が引っ張られ、前の方に傾きます(骨盤前傾)。


すると、骨盤と連結している腰の骨が反り返ってしまい、腰周りの筋肉に負担をかけ、腰痛が出現します。


仰向けで腰痛が出現する場合は、横向きになり体を丸くすると痛みが軽減します。


また、仰向けで寝たいという場合には膝の下にクッションなどを入れ、脚を少し持ち上げた状態をつくると腰への負担を軽減することができます。


寝具などの環境で楽な姿勢は変わるので、ご自身に合った楽な姿勢を見つけてみて下さい。



57回の閲覧