検索

腰痛の約85%の原因は?!

皆さんおはようございます。夫婦橋鍼灸院の小嶋です。


突然ですが、皆さんは「特異的腰痛」と「非特異的腰痛」といった言葉を耳にしたことがあるでしょうか?


一般的には聞きなれない言葉だと思います。


〇特異的腰痛 (医療機関受診者の約15%)


“医師の診察および画像の検査(X 線や MRI など)で腰痛の原因が特定できるもの”


・椎間板ヘルニア:4 ~5%

・脊柱管狭窄症:4 ~5% 腰痛よりも下肢症状(座骨神経痛など)が主訴

・圧迫骨折:4 %

・感染性脊椎炎や癌の脊椎転移:1%

・大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患:1 %未満


〇非特異的腰痛 (医療機関受診者の約85%)


“厳密な原因が特定できないもの”


・腰痛症

・ぎっくり腰(腰椎捻挫(ようついねんざ)、腰部挫傷(ようぶざしょう))


と定義されています。


一般的に良く言われる「ぎっくり腰」は正式な診断名ではなく、腰を構成する組織のケガと考えられています。


しかし、厳密にどの組織のケガかは断定が難しいため、非特異的腰痛と呼ばれます。


ぎっくり腰を含めた約 85%の腰痛(急性腰痛、慢性腰痛)は、この非特異的腰痛に分類されます。


という事は、、、実に腰痛の85%は原因が特定できてないという事になります。


この数字が多いか少ないかは主観的なものもありますのでコメントは差し控えますが、実際に85%の腰痛の方は原因が分からず苦しんでいるんです。


痛み止めで痛みを止めることはできるかもしれません。しかし、それでは根本的な解決になっていないのです。


一生痛み止めを飲み続ける、、、私は嫌です。


そこで、当院では腰痛が生じている原因を探り、根本的な改善を目指していきます。


ヘルニアや脊柱管狭窄症などの特異的腰痛の方でも、非特異的な部分を含んでいる方が多くいらっしゃいます。


もしも腰痛にお悩みの方がいらっしゃれば是非一度ご相談下さい。


辛い毎日を抜け出すお手伝いができるかもしれません。



49回の閲覧