当院について

1.姿勢改善

当院は姿勢の修正・改善に特化した治療を行っております。様々な疾患はもちろんのこと、ストレスや睡眠不足、運動不足、過食に伴う内臓疲労、偏った動作の繰り返しなどで生じた慢性的な辛い症状に対しても、その症状に関わらず、姿勢を修正することで症状の改善がみられます。物理的に身体にかかる負荷を軽減するだけでなく、全身の血流を改善させ、本来人間が持っている自然治癒力を発揮しやすい身体をつくります。

2.根治療法

対症療法(表面的な症状を抑制させる)ではなく、根治療法(症状の原因そのものを治す)を念頭に置いた治療を行います。今生じている不調を解消させながら、根本的な体質の改善を目指します。姿勢や動作方法を見直し、自然治癒力を高めることで身体の内外から体質を改善し、不調を繰り返さない身体づくりを行います。

3.慢性疲労

肩こりや腰痛、膝痛といった整形外科的な全身の痛みから、めまいや頭痛といった慢性的な体調不良にも対応致します。

4.リハビリテーション&スポーツ障がい​

理学療法士としての経験を活かし脳血管疾患後の後遺症、難病、内科的な疾患、さらに専門的な各種スポーツ障がいまで幅広く対応致します。

5.オーダーメイド治療

患者様一人一人に寄り添い、気持ちや意思を確認した上で、西洋・東洋的な医学的見地から症状の原因を分析し、その方それぞれの症状や体質に合った最善の治療プログラムを提供していきます。

夫婦橋鍼灸院というクラシックな名前ですが、鍼灸のみではなく、常に新しい情報・知識を取り入れ、様々な治療を通して症状の改善に努めます。

 

姿勢が崩れることで

・身体が固くなる

・呼吸が浅くなり、全身の緊張が高くなる

・マッサージを受けて楽になっても、またすぐに凝ってくる

・寝ても疲労感がとれない

・足の浮腫みが生じやすくなる

・首や肩のこりがひどくて辛い

・気分的に鬱々としてスッキリしない

などの症状が現れやすくなります。

​当院では理学療法士という国家資格を取得しているスタッフが対応します。

【理学療法士とは】

理学療法士とは医療従事者の一員でありリハビリテーション専門職であり国家資格です。日本ではまだ認知度が低い現状はありますが、幅広い分野でその重要性は広く認知されてきています。

〇「身体に障がいのある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。

〇理学療法の直接的な目的は運動機能の回復にありますが、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。誰しも日常生活をひとの手を借りず、行いたいと思うことは自然なことであり、日常生活活動の改善はQOL向上の大切な要素になります。

〇理学療法の対象者は主に運動機能が低下した人々ですが、そうなった原因は問いません。病気(中枢神経疾患、呼吸器疾患、心疾患、内科的疾患)、けが(整形外科疾患)はもとより、高齢や手術により体力が低下した方々、小児の発達障がいなどが含まれます。最近では運動機能低下が予想される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上など障がいを持つ人に限らず、健康な人々に広がりつつあります。また、運動・動作の専門性を生かし、福祉用具の適用相談、住宅改修相談も行います。